FC2ブログ


陶寛庵のできごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



伊勢原タウンニュース

伊勢原タウンニュースに載りました。ご覧ください

http://www.townnews.co.jp/020area_page/02_fri/02_iseh/2009_3/07_17/iseh_jin.html


伊勢原版一覧へ戻る

おばんざいが指針
8月1日から大山現代の美術館で個展を開く陶芸家
坂尾 寛子さん
市内在住
 ○…8月1日から30日まで大山現代の美術館で「故郷の空の下で」と題した陶展を行う。これまで東京・名古屋・滋賀と各地で個展を開いてきたが、生まれ育った地元での開催は初めてのこと。「やはり一番緊張しますが、開放的な気持ちで制作できたと思います」とにこやか。作品は、繊細な染付け・絵付けが特徴。「1つの器でも遊び心のある展示を」と空間を工夫しながらおよそ60点を展示する予定だ。

 ○…「楽しい器で、食器が会話になってくれたら嬉しい」。自身の作陶活動の指針となっているのは、京都での修行時代に出会った昔ながらのおふくろの味「おばんざい」だ。旬の素材や手近な食材を手早く調理し、無駄なく使い切る伝統的家庭料理。それは、幼い頃に母親が作ってくれた味を思い起させるやさしい味だった。自分もそんな「おばんざい」を盛る器を作り、出会った人に幸せな気持ちになってほしいと日々、土に向かっている。

 ○…美術大学で空間デザインを学び、卒業後は住まい、店舗、オフィスなど空間をトータルプロデュースする仕事に携わってきた。しかし、もともと知識欲は旺盛なタイプ。興味のアンテナは人が生活する空間からその中にある「食」、そしてその食を盛る「器」へと広がっていった。陶工高等技術専門校で学び、更には調理師の資格も取った。自身の工房は「陶寛庵」。陶芸・くつろぎ・料理の3つの要素からなる。

 ○…10月に開催が予定されている「いせはら文化・芸術めぐり」の発起人の一人でもある。今はポスター制作など忙しい日々。それでも「いつも何かをしていないと気が済まない」と。息抜きはドライブで、時間が空くと一人関西まで車を走らせることもあるという。「自分の発想と違うお店を探すのが楽しいんです」と微笑んだ。


伊勢原版一覧へ戻る


コラム
Webアルバム
ご意見・投稿
広告のご用命





スポンサーサイト



▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://corroko.blog68.fc2.com/tb.php/20-06bc40a7

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。